株式会社フィードという職場を人生の道場と表現する中村建治氏のビジョンに惹かれ、多くの人が彼のもとに集っています。

株式会社フィードの不動産業界としての評判と社長の中村建治氏

株式会社フィードが不動産業界で人気を集めていますが、
株式会社フィードを語るにはリーダーである中村建治氏の存在を語らないわけにはいかないでしょう。

 

コンパクトマンションによる不動産展開13時出社という異例の勤務システム。

 

新卒入社であっても実力次第で先輩を追い越し、自分の求める夢や理想を実現できる会社の環境。
そうしたやる気のある若者が本当の意味で求める職場環境。

 

それを実践しているのが完全率力主義を展開する中村建治氏の考えです。

 

株式会社フィードは完全率力主義

 

 

中村建治氏が不動産業に取り組もうと考えたのは父親の影響だと言われています。

 

自分にとって大切な仕事をする父親の姿を子供の頃から見てきた中村建治氏。

 

父親の仕事の話や後ろ姿を見るうちに、
自分も憧れの父親のようになりたい。
父親のような立派な会社を経営し、社員を大切にしたい。
中村建治氏の子供の頃は、そうした思いがあったのかもしれません。

 

中村建治氏の子供の頃イメージ

 

中村建治氏の父親は不動産とまったく関係のない仕事をしていました。
不動産の世界を選んだのは、手段の一つと言っています。
中村建治氏にとって不動産以外の世界でも大きな問題はなかったでしょう。

 

仕事を通して、自分の世界観を深め、心と身体を豊かにしていく。
人間は物心両方が満たされて、初めて人間として成り立つもの。
中村建治氏はそう思っていたからです。

 

あふれ出る情熱を胸に、株式会社フィードは中村建治氏の手によって始まりました。
憧れであった父親がいたからこそ、中村建治氏は自分が不動産業の会社を設立し、完全実力主義の会社を作った。
そう言われています。

 

不動産業界での2chの評判

 

 

中村建治氏が求める会社は自分の利益だけを求めない経営システムです。

 

税制や経費削減を掲げ、自分の大切な社員を犠牲にするのではなく、一緒になってともに戦う仲間。
中村建治氏はこのように考えています。
これは成功のスパイラルと言われています。

 

多くの企業や組織は自分の利益だけを考え、社員一人一人を人間として本当の意味で大切にしていない。
中村建治氏はそう思っています。

 

社員を大切にすることは、馴れ合うことではなく仕事で結果を出すことで生まれます。

 

仕事の結果をイメージ通りに出して、モチベーションを上げることで、
会社の求めるニーズに応えられる位置に立ち存在感を出す。
質のいい仕事をすることによって、お客様から感謝され、信頼される。
それが次の仕事に繋がる。

 

実力主義の会社とは言い方は悪いかもしれませんが、多くの社員が本当の意味で自立し、
幸せになれるシステムかもしれません。

 

質の高い仕事をすることで、お客様の信頼を掴むことができ、会社はさらに大きくなっていきます。
会社の利益だけでなく、働く社員のモチベーションもあがり、より多くの実りある仕事をするようになります。
それが株式会社フィード・中村建治氏の目指す姿です。

 

やる気のある株式会社フィードの社員

 

会社の利益を上げるのも重要な意味をもちますが、社員の心を豊かにし、本当の意味で豊かな人間にしていく
株式会社フィードはそれを経営システムの中に取り組み、理想的な陽のスパイラルを作り出したのです。

 

 

 

外部の人間からすると、完全実力主義の世界は社員を徹底的に叩き上げるイメージがあります。

 

もちろん、厳しい職場環境を作っていますが、株式会社フィードが求めるのはそうした部分だけではありません。
職場の厳しさを通して、人生で生きるための大きな知識や経験を作ろうと思っているのです。
会社や職場の人間や環境は人生の道場と表現する中村建治氏のビジョン。
それに惹かれ、多くの人が彼のもとに集い、豊かな社会を一緒に作ろうとしているのです。

 

株式会社フィードで中村建治氏が求める環境は社員を蔑ろにするものではありません。
そういう考えでは誰も自分に付いてきてくれない。
彼は長い人生経験を通じて、その事をしっかり熟知しているのです。

 

社員を大切にする中村建治氏

 

社員を本当の意味で豊かにしなければ、誰も自分についてこないし、
お客様の高い満足度に繋がる結果や成功をもたらさない。
自分の利益だけを考えて、会社を大きくしても結果として意味がないものになってしまう。

 

自分の利益だけを求め、会社を大きくし、社員への配慮をなくしてしまったブラック企業。
中村建治氏が経営する株式会社フィードでは社員を本当の意味で厳しくし、大切にする心遣いが伝わってきますね。