志望動機や今までのスキルなどを簡潔に答えられるように、頭の中に入れておきましょう。

面接時の注意点

就職活動の際、一番重要なのは転職先との面接です。
面接は転職先に自分を売り込むプレゼンテーションの重要な機会です。
面接の時にはどのような事に気をつけるべきなのでしょうか?

 

 

面接前に準備すること

面接に赴く前に、自分の服装や髪型などの身だしなみ、持ち物をチェックしましょう。
女性であれば、華美なネイルやメイクをしないように気をつけましょう。
面接の約束の時間の10分前には会社に到着するようにしましょう。
もしどうしても到着時間に遅れそうな場合や体調不良などで面接にいけない場合は、相手方に遅れる理由と到着予定時刻を連絡しましょう。
無連絡などは社会人として行ってはいけません。

 

 

面接の時に気をつけること

面接をする会社に着いた瞬間からもう面接は始まっています。
受付にいる社員の方や、すれ違った社員の方など、面接官以外の社員の方にもきちんと挨拶をするように心がけましょう。

 

面接がはじまったら、まず面接者全員の目を見てゆっくりと45度のお辞儀をします。
その後、背筋を伸ばして足をそろえ、きちんとした姿勢で面接を受けましょう。
自己PRなど自分で話す時には、早口にならないようゆったりとしたペースではきはきと相手に聞こえるくらいの大きな声で話しましょう。
あまり気を張らないようにリラックスすることが大事です。
志望動機や今までのスキルなどを落ち着いてきちんと簡潔に答えるようにしましょう。
きちんと面接官に自分を伝えられるようにしなければなりません。

 

面接

 

また、相手の話をきちんと聞く姿勢も大事です。

どの面接でも必ず最後に「質問がありますか?」と聞かれます。
「特にありません」などと答えるのはやめましょう。
面接官にあまりいい印象を持たれません。
質問はいくつか用意しておいたほうがよいでしょう。

 

面接では相手によりよい印象を与える事が大事です。
面接中は自分の色々な部分を見られていることを常に頭に置いておきましょう。