厳しく不安定ではありますが、自分の努力次第で高収入を得ることが出来ます。

不動産業界で働く魅力

不動産業界の収入

不動産会社で働く魅力の一つとして、「自分の努力しだいで高収入が得られる」ことがあげられます。
不動産業界の営業の給料形態は基本給と歩合給という企業がほとんどです。

 

例えば、建売住宅やマンションを販売できれば1棟50万円、仲介では収入の15%など、その会社によって歩合の率や価格は違いますが、売り上げればその分給料を上げる事が出来るため、腕のいい営業であれば、毎月かなりの高収入を得る事が出来ます。

 

しかし逆を言えば、売り上げが出なければ固定給のみになり、平均20万円程度の収入になってしまいます。
そのため、売り上げのなかなか上がらない不動産営業は退社してしまうことも多く、不動産業界は常に人の出入りの激しい業界なので、転職先を探すのは容易ですが、業績を常に上げられるように努力して仕事を続けていくのは自分の努力になります。

 

不動産業界の営業として働くのは常に「ノルマ」「売り上げ」との戦いです。
厳しく不安定ではありますが、それ以上にやりがいのある仕事であるといえます。

 

 

不動産業界で働く事のメリット

不動産業界で働いていると、自分の会社の担当している地域にとても詳しくなれます。
また、色々な物件を担当するので、「家」が好きな人にはそれだけで楽しい仕事となるでしょう。
また不動産業界に勤めると、新たな資格を取得したり、勉強をする事でスキルアップをする事もできます。

 

不動産業界の転職に有利な資格とは?

 

不動産業界は様々な人たちと出会う事が出来ます。
お客様として出会う人たちは、みな「人生」がかかっています。
そのためひとりひとりのお客様に対してその人に合った物件や条件を考えてあげる必要があります。
そういった人でなければ営業成績を上げ続ける事は難しいでしょう。
人と接するのが好きな人には向いている仕事かもしれません。