いつの時代になっても、賃貸仲介や不動産売買のニーズがなくなることはありません。

不動産業界の将来性

リーマンショック以降、不動産業界は一時低迷するといった状態になりました。
また、都心と地域の格差は拡大し続けています。
人口は少子高齢化の問題を抱え、人口減少の一途をたどっています。

 

日本の今後の不動産業界の将来性はどのようになっていくのでしょうか?

 

 

不動産流閏業界は拡大していく

従来、不動産は「新築住宅」が当たり前でした。
しかし近年、「リノベーション」という言葉が誕生したように「中古物件をリフォームして新築同様の設備や使いやすさ」にする事で、不動産業界で幅広く流通するようになりました。
そのため、今までのように「新築物件が当たり前」というお客様ばかりでなく、「新築と中古の両方を検討内容にいれる」人や「安い中古物件を自分の好きにリノベーションしたい」人などが増えてきました。

 

マンションでも同様に、新築物件より格安で購入する事が出来る「リノベーションマンション」の人気が高まってきています。
国も中古住宅流通市場やリフォーム市場の規模を倍増する計画を打ち出しており、国家戦略プロジェクトとして取り組み始めています。
日本は国土が少ないので、今後はこういった「既存不動産の流通」が拡大していくものと思われます。

 

家

 

 

不動産業界に終わりは無い

いつの時代になっても「家を借りたい人」や「家を貸したい人」がいるため、「賃貸仲介」という仕事がなくなることはありません。
また、「家を買いたい人」や「家を売りたい人」も必ず現れます。

 

そのほかにも家は消費物ですから「家をリフォームしたい」と思う人たちも存在し続けるのです。
不動産業界において、そのニーズがなくなることはありません。

 

そのため、不動産業界は他の業種と比べ安定的な業種であると言えます。
終わりの無い不動産業界は世の中の流れとともに拡大し、成長し続ける業界でなくてはいけません。

 

不動産業界で働くことの魅力とは?