不動産業界で活躍するのであれば、宅地建物取引主任者の資格を取得しておいて損はありません。

不動産業界が求めている人材

不動産業界とは家や土地の販売や仲介や管理や開発など、様々な分野があります。
そんな不動産業界は平均年収が高い為、人気の高い業界となっています。

 

不動産業界が求めている人材とはどのような人材を求めているのでしょうか?

 

 

不動産の基礎知識

不動産業界の基礎知識を前もって得ておくためにも、「宅建」を取得しておくと良いでしょう。
「宅建」とは「宅地建物取引主任者」の資格の事です。
宅地建物取引業である不動産業界では従業員の5人に1人は「宅建」を取得していなければならない義務があります。

 

宅地建物取引主任者を取得していると、不動産の取引業務を行ううえで、

  • 「不動産の所在」
  • 「不動産に対する法律の制限」
  • 「ライフラインの設備」

など重要事項の説明を読み上げることができます。
これが無ければ不動産営業により顧客と契約書を交わすときに他の人に読み上げてもらわなくてはならなくなります。

 

不動産業界に勤めたいのであれば、「宅建」を取得しておいて損はありません。

 

 

コミュニケーション能力

不動産の営業をする上で、最も大事なのは「売り上げをあげること」です。
売り上げを上げる為には、様々なお客様に対応し、信頼を得る必要があります。
お客様から信用を得る事が出来なければ、不動産を売り上げることができません。
お客様の要望をきちんと理解し、そのお客様のためになるようなお仕事をしなくてはいけません。
しかしお客様の全ての要求を呑めるわけでもありません。
そのときには、お客様にきちんと納得してもらえるような説明ができるような交渉能力も必要になります。

 

 

向上心

不動産の仕事をする上で、常に向上心を持つ事が必要です。
例えば不動産業界で必要な資格として「不動産鑑定士」「土地家屋調査士」を取得する為の勉強をするのもいいでしょう。
常に仕事のスキルアップを目指し続けることが大事です。